目立ついぼをすぐに解消|手術の方法を事前に知っておこう

美容整形の治療方法

カウンセリング

体に出来た「いぼ」を取り除くなら美容整形による手術が効果的と言われています。そして、この方法は保険が効く液体窒素を使用したものと、短時間で手術が終わるレーザー治療法と、一度に多くの「いぼ」を除去できる電気を使用した電気焼灼法の3つがあります。

安全に気を付けよう

レディ

いぼの手術を行う際に気を付けるべきことは、方法によって変わるメリットとデメリットをしっかりと把握することです。そうすることで、術後のトラブルを未然に防ぐことができますし、より自分に合ったいぼ手術の方法を選ぶことができます。

美容整形外科で治そう

顔を触る人

「いぼ」を治療には美容外科で手術することが人気となっています。なぜなら、短時間で手術を終わらせることができる上に最新の機械を用いて的確に「いぼ」を取り除いてくれるからです。さらに、カウンセリングやアフターケアなどのサービスも充実しています。

医師とよく相談しましょう

医者

色々な治療法があります

皆さんの顔や体にいぼはできていませんか。いぼは見た目にも良くないですし、つけていて体に良いものでもないので、取りたいという人が多いのではないでしょうか。いぼをとりのぞくのに、美容整形外科などで取り除く方法をご紹介します。美容整形外科では、いぼを取る際にメスを入れた手術をすることはあまりありません。なぜなら、いぼはウイルス性の病気ですから、せっかく手術で切り取ってもウイルスが残っていれば再発してしまうからです。ですが、下述の方法で治療しにくい足の裏にひとつだけあるものや、固くなっているものは場合によって手術が最適な場合もあります。また、この方法では保険が適用します。では、手術しない場合どんな方法を取るのでしょうか。主に4つあります。一つ目は、レーザーを当てる方法です。この方法は最もポピュラーな方法です。症状に合わせた適切な強さのレーザーをいぼに当て、丸ごとくり抜きます。二つ目の方法よりも肌に負担がかからず、痛みや出血も少ないです。治療には3ヶ月から半年を要しますが、跡が残りにくく、再発しにくいなど、確実な方法です。しかし、費用は病院によって差があり、相場は1mmあたり2000円?5000円です。わざわざ高いところで施術することのないように、よく医師と話し合って決めましょう。二つ目の方法は、液体窒素を使う方法です。液体窒素とは-195℃くらいの物質で、これを用いて器具を凍らせ、イボに当てることで焼き切る方法です。焼き切る方法のため、強い痛みを感じることが多いです。また、傷口が汚れたり感染したりしないようにケアすることが必要です。根を焼き切ることができずに、再発する可能性もあります。期間は半年から一年程度と比較的長くかかります。ですが、保険が適用されることが多いため、とてもリーズナブルにキレイになることができます。3つめの方法は薬を内服することです。薬はヨクイニンというものですが、ハトムギと同じようなものです。ハトムギ由来の成分で、いろいろな栄養素を含む上に免疫力を上げ、他の皮膚病にも効果があります。自然由来ですから、副作用もなく、安全に服用できます。ですが、この薬を飲んだからと言っていぼがポロリと取れるわけではなく、完治するまでに長い時間がかかり、人によっては効果が出ないこともあります。処方してもらう前に、体質や症状を考慮しながら医師と相談しましょう。4つ目は外用薬を使う方法です。硝酸銀という塗り薬があります。硝酸銀は、タンパク質を変質させる性質があり、塗るとイボが黒くなって、一週間ほどでぽろりと取れます。痛みは少なく、効果が高いです。しかし、保険適用外のため、費用がかさみます。いぼを取る方法には、たくさんの方法がありますが、費用や症状、体質などを考慮し、医師とよく相談してください。また、いぼには悪性のものもあるので、気になった場合は病院に行ってみましょう。最良の対策をすることで、今までの悩みがなくなることもあります。相談は無料の美容整形外科が多いので、是非一度相談して、キレイになるチャンスを掴んでみてください。