ipadのposを導入すれば仕事がスムーズになる

男女
説明

開業を支援してもらう

大阪で開業支援を利用した時の流れは、開業するにあたって事業計画の提案をしてもらう事から始まります。その後は融資や物件選びのサポートをしてもらい、開業が済んでからも経営や店舗のメンテナンスのアドバイスを受けられます。

進化するレジ端末

タブレット

多彩な機能と選べるプラン

商業施設や店舗に欠かせない機器のお会計用レジは、強力なデータ収集が可能となる、POSシステムへの移行が進んでいます。チェーン店においては店舗で登録された情報が本部で確認でき、ネットワークで常につながれている点がposシステムの特徴です。店舗では売れ数や金額を参考にした発注、または在庫管理から勤怠管理にもposが活用されています。商業施設やレストランにおいてはレジ係が立って作業をするため、専用のスペースにやや大きめの機器を設置するのが一般的です。しかし、ipadの登場によって端末のスリム化が進み、レジスペースを節減する動きが広まっています。pos導入を検討している場合、スペースのスリム化と売り場拡大もひとつの目的とし、ipadを選択肢に入れると良いでしょう。ipadのposシステムは専用のアプリをインストールするため、普段から利用している端末をそのまま使用可能です。スマートフォンとipadのどちらも初めてという場合は、ある程度の練習も必要となりますが、いずれのアプリも操作しやすいように工夫されています。また、飲食店や生活用品店のイメージもあるipadのposですが、美容室や医療施設にも導入が広まっているのです。ipadは機種によって値段が異なり、端末は5万円前後から約10万円、そのほかキャリアごとの契約で月額料金が発生します。pos用アプリもサービスごとに異なる料金が設定され、通常は月額プランで5千円前後から約1万円です。中にはアプリ無料というサービスもあり、店舗の規模や目的に合わせたカスタマイズも可能となっています。

相談

売上管理の心強い味方

ポスレジでは、売上額だけでなく、客数や客層などの付加情報も細かく管理することができます。複数店舗経営する企業にとっては、データを一括管理することができ、店舗管理をするうえで欠かせない存在となっています。

説明

海外進出が話題

海外進出する企業は数多くあります。目的は様々ですが、インドネシアは今、高い注目度を持っている国になります。海外進出のコンサルティングを上手に利用することで成功への近道を手に入れることができるようになります。