ipadのposを導入すれば仕事がスムーズになる

女の人

売上管理の心強い味方

相談

売上を簡単に管理するには

ポスレジは、お店の売上を管理するうえで重要な役割を担っています。まず、POSとはどういう意味かというと、Point Of Saleの略となっています。これは、商品を販売した時点でのデータが集計されるということからこう呼ばれています。その名の通り、ポスレジは、商品が売れるとそのデータを記録してくれます。売上データも、単純に売上額だけではなく、担当者が入力することで、客数や、客の性別、年齢帯なども登録することができるものもあります。そういった付加情報を登録する事で、後に客単価や、どの客層に支持されている商品なのかという分析に役立てることができます。時間帯別の売上のデータをチェックすれば、ピークの時間帯がわかり、従業員のシフト人数を決める際の参考にもできます。また、一年以上データを蓄積すれば、前年度との売上比も簡単にわかります。ポスレジ単体だけでも、そういった分析はできますが、店舗が複数ある場合には、更に本領を発揮してきます。ポスレジで取得した売上データを、本部のシステムに渡せば、本部は一括して店舗の売上情報を管理できるという寸法です。全店舗のデータが一括管理されれば、複数店舗を比較し、売上が高い店や、不採算店舗を把握しやすくなりますし、全体的な売れ筋・死筋商品を見つけやすくなり、在庫管理や商品開発の手助けにもなります。今やチェーン展開する企業にとってポスレジは欠かせない存在となっています。